HOME

Nachrichten1      Nachrichten2

第6回マールツァイトの会

~クロアチア料理~

 クロアチアは昔、ユーゴスラビアと呼ばれており、こちらの言い方の方がまだ馴染み深いのではないでしょうか。当時のユーゴスラビアをまとめていたのは、ヨシップ・ブロズ・チトー氏で、チトー大統領のカリスマ性で平和が保たれていたのでしょうが、チトー氏が1980年に亡くなると、今のクロアチアなど、数カ国に分離独立しました。昔からオーストリアとの関係も深く、ユーゴスラビア時代に旅行された方、独立後のクロアチアに旅行された方も多いことかと思います。そこで召しあがったクロアチアの料理店が東京にあります。オーストリアもクロアチアから来た料理もありますがクロアチアもオーストリア、イタリア、チェコ、ハンガリーなどの影響を受けた料理があります。今回はクロアチア料理が日本で唯一味わえるレストラン・“ドブロ”で、味わってみませんか
日時:2017年2月16日(木)18:30~(受付18時より)
会費:会員 5,500円・一般 6,000円
*会員とは日墺文化協会、日本オーストリア食文化協会の会員です。当日会員になられた方は会員価格となります。
*お申込の際、会員の方は所属されている会の名前もお知らせください。
会場:クロアチアレストラン “Dobro”(ドブロ)
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-14日立第6ビル1F
電話:03-5250 -2055

  • 交通:JR 東京駅 徒歩7

地下鉄 京橋駅 6番出口 徒歩1
地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩4
地下鉄都営浅草線 宝町駅 徒歩1
申し込み先:日墺文化協会事務局
TEL.03-3271-3966  FAX.03-3271-3967  
E-mail. j-austria@mx2.ttcn.ne.jp

3月6日(月)10:30~ 講師宅
参加費:会員4,800円 一般5,000円
 
ウィーン菓子の代表「ザッハトルテ」を作ります。
ご一緒に楽しみませんか。ご参加をお待ちしています。

音楽関係

タイトルをクリックしてください、詳しい情報へリンクしています

国際アマチュアピアノコンクール2017
開催日程

A・B部門 
第1次予選 
東日本会場 2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)
 
第2次予選
 2017年7月15日(土) 杉並公会堂 小ホール 
 
本選
 2017年7月29(土) 紀尾井ホール
 
シニア部門
本選 
東日本会場2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)




アマコン2017募集要項_中面.pdf.................  アマコン2017募集要項_表面.pdf

麹町に「エーデッガー・タックス by Neues」

 麹町駅近くに12月20日、ベーカリー&スイーツショップ「エーデッガー・タックス by Neues(ノイエス)」(千代田区麹町3、TEL 03-6261-1172)がオープンした。
 1569年に創業し、ハプスブルク帝国の皇帝から御用達の称号を与えられたオーストリアの古都グラーツの老舗ベーカリー「エーデッガー・タックス」。昨年秋に東京・神田に日本初上陸を果たし、今回移転リニューアルオープンした。
 新店舗は、1999年に開業したウィーン伝統菓子専門店「Neues」を率いてきた野澤孝彦シェフが全面プロデュース。併設した厨房(ちゅうぼう)で製造する本格的なドイツ系パンのほか、日本ならではのパン文化に独自のアプローチを加えたオリジナルアイテム、オーストリア菓子などを販売する。

映画「エゴン・シーレ 死と乙女」

 魂を揺さぶるような美とエロスを描き、28年の生涯を駆け抜けたオーストリアの天才画家、エゴン・シーレ。晩年の傑作「死と乙女」はどのように生まれたのか。絵のモデルになった女性らの物語を丁寧に描くことで、シーレの人間像に迫る伝記映画「エゴン・シーレ 死と乙女」が、東京・渋谷のBunkamuraル・シネマなど全国で公開中だ。

『カフェ・レジデンツ』で、“アップフェル・シュトルーデル”

 シェーンブルン宮殿にあるカフェ・レジデンツの実演用菓子厨房では、経験をつんだバティシエにより1時間ごとにオリジナルの手製アップフェル・シュトルーデルが焼かれています。
 見学者はウィーンのお菓子がどのように作られるか見聞できるだけではなく、その場で焼きたてのアップフェル・シュトルーデルが試食できます。オリジナルレシピももらえ、それをもとに自分でも家で焼いてみることができます。
個人および60名までの団体を対象に、ドイツ語と英語による説明。毎日11時〜16時、毎時正時から。
所要時間:約15〜20分。

トランプ大統領の誕生で世界的に広がる「自国ファースト」思想、オーストリアも・・・・

トランプもオーストリア自由党も、EUとアメリカのあいだの包括的貿易投資協定(TTIP)に反対し、難民の受け入れに消極的だ。イスラム教徒を含む外国人への排斥傾向が強い。例えば、オーストリアの自由党も、オーストリア・ファーストを訴えている。

ウィーンで爆破テロ計画か 男を拘束

 オーストリア警察は20日、ウィーンで爆破テロを計画した疑いで、過激派組織「イスラム国」(IS)の支持者でイスラム過激派のアルバニア人の男を拘束した。オーストリア紙クローネン・ツァイトゥングが伝えた。

ウィーン、世界遺産の旧市街を街歩き

オーストリア空港が撤退した後、ウィーンの日本人観光客はどうなったのかな。

「ワルトハイム」報道は重要な教材だ

同氏の政治活動は第2次世界大戦のナチス・ドイツ戦争犯罪容疑を受け、世界のメディアから激しいバッシングを受けるなど、波乱の歩みを余儀なくされた。
ワルトハイム氏は6年間の大統領任期(1986年~1992年)を終えると再選出馬を断念した。先日、大統領選が終わったがこのオーストリアだ。なぜ、戦争などするのだろうか。 

ワルトハイム氏

ウィーン、『オペラ座舞踏会』で社交界にデビュー!「デビュタント」

Opernball  = 2017年2月23日開催 =
今年社交界にデビューする「デビュタント(Debutante)」。純白のドレスを着ることができるのは、一生に一度のデビューのときだけです。
あなたも如何ですか。

デビュタント(Debutante)

『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』

オーストリアのウィーン美術史美術館の改装の舞台裏を描いたドキュメンタリー映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』の初日が11月26日に決定、予告編とポスタービジュアルが公開された。
『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』予告
https://youtu.be/G6ERs88-hF0