ウィーン時間     日本時間
サマータイムには連動していません

HOME

「国際アマチュアピアノコンクール2018」の応募要項

良いお席は早く埋まりますのでお早いご来館がお薦めです。
もちろん入場無料です、お友達をお誘いしては如何ですか?

4月、5月も入場無料
お誘い合わせて見ては・・・

印刷はこちらから

4月21日、当日の写真です
写真をクリックしてください

当日の動画です、早送りでご覧ください。

34秒 
36秒
29秒

合唱の午後2018

終了致しました。
当日の様子です。

「金のキャベツ」の葉が盗まれる

オーストリアの首都ウイーンで23日、同市で最も著名な建築物の一つであるセセッシオンのドーム、通称「金のキャベツ」を構成する金箔かぶせた月桂樹の葉のうち6~8枚が、何者かに盗まれた。警察当局が25日、明らかにした。
「金のキャベツ」は遠くからも見ることができるウィーンでは有名なランドマーク。金の葉は鋼鉄に金箔をかぶせたもので、長さ約60センチ。1枚の価値は約1000ユーロ(約13万3000円)だという。
 1898年に建設されたアールヌーボー様式のこの建物は現在、修復工事中で、警察の広報担当者によると、犯人は23日夜にその工事用の足場を利用してドームによじ登り、金の葉を盗んだという。
 建築家のヨーゼフ・マリア・オルブリッヒが手掛けたセセッシオンは、同国の芸術家協会「クンストラーハウス」を離れ、新たな団体「セセッシオン(ウィーン分離派)」を結成した画家のグスタフ・クリムトらの作品を収蔵、展示するために建てられた。
 工事は5月末までで、金の葉約2500枚と「ベリー」311個が修復される予定となっている。


続きは、Nachrichten4へ

ウィーン中央墓地第二門の角にカフェ・コンディトライ・オーバラーがオープン

2018年4月ヨーロッパで最大級の墓地の一つ、ウィーン中央墓地第二門の角にカフェ・コンディトライ・オーバラーがオープン。墓地が開いている時間に営業。楽聖達のお墓参りの際、お立ち寄りください。
 
オーストリアの休日
 

続きは、Nachrichten4へ

シェーンブルン庭園で『ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート』

= 2018年5月31日 =
シェーンブルン庭園でウィーン・フィルが演奏するサマーナイト・コンサートは、ウィーンにおけるコンサート・シーズンのハイライトです。バロック宮殿の南に広がる優雅なシェーンブルン庭園を舞台に、旅行者とウィーン市民のため、ウィーン・フィルが特別の音楽イベントを贈ります。無料のオープンエア・コンサートには、世界最高の指揮者が出演します。2018年度タクトを振るのは、ロシア出身の指揮者・ヴァレリー・ゲルギエフです。
 シェーンブルン庭園でのウィーン・フィル・サマーナイト・コンサートは20時15分開演ですが、会場には18時から入れます。入場無料ですから予約はできません。庭園内のネプチューンの泉前にステージがあり、約1500の一般座席が用意されています。悪天候の場合には、別の日に公演されます。

情報提供:ウィーン市観光局 公式サイト

続きは、Nachrichten4へ

ザルツカンマーグート地方、バード・アウスゼーで『水仙祭』開催!

= 2018年5月31日~6月3日 =
オーストリア最大の花祭で、ハイライトは、最終日6月3日(日)に行われる、水仙の花で飾られた様々なオブジェのパレード。午前中、バード・アウスゼーの街中では、山車にのせられたオブジェが、午後から、アルトアウスゼーアー湖では、ボートにのせられたオブジェが、水上パレードを繰り広げます。入場料:€15.00(15歳以下は無料)詳しくは、公式サイトにて。
The Narzissenfest in Ausseerland の公式サイト

続きは、Nachrichten3へ

『ブレゲンツ音楽祭2018』、オペラ“カルメン”を湖上で上演!

  = 2018年7月18日~8月20日開催 =
  ブレゲンツ音楽祭の魅力は、人気オペラと大胆で先端的な芸術的側面を組み合わせた結果にあるのでしょう。このことは、湖上ステージで上演されたヴェルディの「アイーダ」に加え、ポーランド系ロシア人の作曲家ミェチェスワフ・ワインベルクの作品の回顧的な上演を行った2010年の音楽祭がそれを証明しています。この成功を収めた手法は、今後も続けられていきます。
  2018年は、昨年に引き続き、ジョルジュ・ビゼーの歌劇「カルメン」が湖上ステージで上演されます。
情報提供:オーストリア政府観光局

続きは、Nachrichten3へ