ウィーン時間   日本時間

良いお席は早く埋まりますのでお早いご来館がお薦めです。
もちろん入場無料です、お友達をお誘いしては如何ですか?

印刷または拡大してご覧になれます
My Plaza Joyチラシ1809-10.pdf

ウィーン市庁舎前広場、アドヴェントの魔法と『クリスマスマーケット

★ウィーンのクリスマスマーケット
  ウィーンのアドヴェント:ノスタルジーとロマンティック。コンサートとキリスト降誕を模したクリッペの展示。そしてウィーンのクリスマスマーケット ― 市庁舎前の伝統的なクリスマスマーケット、旧市街フライウングのクリスマスマーケット、シュピッテルベルクのマーケット、ハイリゲンクロイツァーホーフの芸術マーケット、カール教会前の工芸品マーケット、シェーンブルン宮殿前のカルチャー&クリスマスマーケット。
  ウィーンのアドヴェントの魔法が11月12月、クリスマス用に飾り付けられたウィーンの市庁舎広場に、幻想的なデコレーションが施されたツリー、ポニーの乗馬、クリスマスマーケット列車、芸術的に作られたメルヒェンの展示ケースなどによって待降節の雰囲気をもたらします。
シェーンブルン宮殿前のクリスマス市
http://www.weihnachtsmarkt.co.at
  世界遺産シェーンブルン宮殿前庭で行われます。宮殿の観光と一緒にどうぞ。
*2018年11月24日~12月26日10時~21時、 12月24日10時~16時、12月25日・26日10時~18時
ニューイヤーマーケット:2018年27日~2019年1月1日10時~18時
ベルヴェデーレ宮殿のクリスマス市
http://www.weihnachtsdorf.at
  ヨーロッパの最も美しいバロック宮殿でクリムトの有名な絵画「接吻」を鑑賞してから、夢のような美しいクリスマス市をお楽しみください。
*2018年11月23日~12月26日11時~21時、土・日10時~21時
シュピッテルベルク地区のクリスマス市
http://www.spittelberg.at
*2018年11月15日〜12月23日14時〜21時、金14時~21時30分、土10時~21時30分、日・祭10時~21時
カールスプラッツ広場の手工芸市
http://www.divinaart.at
*2018年11月23日〜12月23日12時〜20時
旧ウィーン大学総合病院構内(Altes AKH) クリスマス市
http://www.weihnachtsdorf.at
  アルザーシュトラーセにあるウィーン大学のキャンパスで開かれる市。ウィーンのクリスマス市めぐりにお寄りください。
*2018年11月17日〜12月23日、月・火14時〜22時、水11時~22時、木・金14時~23時、土11時~23時、日11時~21時
フライウングのオールドスタイルのクリスマス市
http://www.altwiener-markt.at
  ウィーン旧市街のフライウングで今年も伝統あるクリスマス市が開かれます。
*2018年11月17日〜12月23日10時〜21時
マリア・テレジア広場のクリスマス市
http://www.weihnachtsdorf.at
  美術史博物館と自然史博物館の間の美しい公園でのクリスマス市。ウィーンらしいクリスマスの雰囲気が楽しめます。
*2018年11月21日〜12月26日11時〜21時(金・土~22時)、12月24日11時〜16時、12月25・26日11時~19時

カンガルーも間違えちゃった!? なぜかオーストリアで出没騒動

“音楽の都”ウィーンを首都に持つオーストリアは、オセアニアのオーストラリアとよく間違われることから「オーストリアにカンガルーはいません」とプリントした自虐的なTシャツやグッズが、観光客の間で人気のお土産になっている。ところがそのオーストリアで今、謎のカンガルーが出没し、大きな話題になっている。
英BBCなどによると、同国北部のキルヒシュラークという小さな町で、先週末から森や牧草地をピョンピョンと走り回る1頭のカンガルーが複数の住民に目撃され、動画も撮影された。通報を受けた地元当局は捜索を続けているが、まだ保護されていない。「冗談みたいな話だが、本当なんだ」と地元警察は戸惑った様子だ。
当局は周辺の動物園やペットブリーダーなどに逃げ出したカンガルーがいないか問い合わせているが、情報は入っておらず「早く飼い主が名乗り出てくれることを願っている」と地元警察。カンガルーはオーストラリア大陸と近くのタスマニア島、ニューギニア島だけに生息する有袋類で、もちろん欧州には自然生息はしていない。
BBCによると、動画を見た専門家は「おそらくキノボリカンガルーではないか」と推測。カンガルーの仲間でありながら樹上で生活する特異な生態を持ち、低い気温でも生息できるという。
実はオーストリアでカンガルーが発見されたのは今回が初めてではなかった。2015年には隣国ドイツから逃げ出したペットが、国境を越えてやって来た例がある。人間だけじゃなくカンガルーもオーストリアとオーストラリアを間違えた?

プーチン氏と踊ったオーストリア外相、お次は英外相と

自身の結婚式でロシアのプーチン大統領とダンスを踊り、欧州連合の結束を乱すなどと批判を浴びたオーストリアのクナイスル外相が、今度は英国のハント外相と踊った。
ロシアとの摩擦が強まるEUで、オーストリアは今年下半期の議長国。クナイスル氏は8月31日の会見で「外交は政策文書を交換するだけではない」と語り、「ダンス外交」を正当化した。
クナイスル氏はオーストリア南部で8月18日に行った結婚式にプーチン氏を招いた。オーストリア紙スタンダードのインタビューでプーチン氏について「本当に出席するとは思わなかった」「彼は決して私を利用したわけではない」などと弁明していた。
クナイスル氏は8月30日、ウィーンでのEU非公式外相会合の関連行事で、EUを去る英国のハント氏とダンス。31日の会見でそのことを問われると、「ボサノバを踊った。彼のダンスは素晴らしい」と笑顔で返した。一方で、プーチン氏と踊ったことへの批判を意識してか、こうも語った。「ジェレミー(ハント氏)や他の誰かと踊っても、ダンスが政治的な意味を持つことはない



オーストリア、オオカミへのゴム弾発砲許可へ 家畜被害対策で

オーストリアで、増加するオオカミによる家畜被害対策として、オオカミへのゴム弾の発砲を認められることになった。同国の州当局が22日、発表した。
近年、欧州各国ではオオカミの個体数が急速に増加しており、これに伴い家畜がオオカミに襲われる被害も増えている。
こうした事態を受け、ニーダーエスターライヒ州のシュテファン・ペルンコプフ副知事は、年末までに州内3地区で、オオカミによる家畜襲撃を防ぐために、農家らのゴム弾の発砲を認める方針を明らかにした。ただし、オオカミを殺すことは認められない。
副知事はさらに欧州連合に対し、「すでにオオカミは絶滅の危機にはない」として保護法の再考を求めたという。
チェコとの国境に近いニーダーエスターライヒ州では、直近の数週間だけでヒツジ31頭がオオカミに襲われて死んでいる。
一方で、世界自然保護基金は、農家に対する家畜保護の支援がなされていないとして当局を批判。「危険なのはオオカミではなく、恐れの風潮をつくりだすことだ」と指摘し、ニーダーエスターライヒ州では、何年も防護柵の設置やオオカミとの共存に関する農家への講習といった家畜保護対策ができていないと指摘している。
WWFは、欧州に生息するオオカミの個体数を1万2000頭と見積もっている。


プーチン氏がオーストリア外相結婚式に出席、コサック合唱団伴い

ロシアのプーチン大統領は18日、オーストリアのクナイスル外相(53)の結婚式に出席し、花嫁となった外相と腕を組んで踊るなどした。
今回の出席は、メルケル独首相と会談するためドイツに向かう途上のもので、プーチン大統領は、コサック合唱隊を伴って花束を抱えて車で到着。合唱団は新郎新婦に歌を贈ったという。
クレムリンによると、大統領はドイツ語で乾杯の音頭を取ったという。
ロシアによるクリミア半島編入を巡って欧州連合(EU)とロシアが対立する中の招待だけに、今回の招待にはオーストリア・ロシア双方で驚きが広がっている。

ウィーンの動物園で、双子パンダが2歳の誕生日

オーストリアのウィーンにあるシェーンブルン動物園で7日、ジャイアントパンダの双子が2歳の誕生日を迎えた。
オスの福伴(フーバン)とメスの福鳳(フーフェン)は誕生日プレゼントに、ニンジンやサツマイモなどの食べ物の入った小包を贈られた。
2頭は11月、中国へ返還される予定。

ニキ・ラウダ、肺移植手術を受ける

3度にわたってF1のワールドチャンピオンに輝いた経験を持ち、現在はメルセデスF1チームの非常勤会長であるニキ・ラウダは、オーストリアのウィーンで肺の移植手術を受け、これに成功したという。
ラウダはイビサ島で休暇を楽しんでいた際、病を患ったという。彼は重度の咳に悩まされたため、その治療のためにウィーンに飛んだ。
 ラウダが入院したウィーン総合病院は、次のように声明を発表した。
「肺の深刻な疾患のため、ニキ・ラウダはAKHウィーンで肺の移植手術を受けなければならなかった。この手術は胸部手術の責任者であるウォルター・クレペトコと、コンラッド・ホッツェネッカーによって行われ、成功した」
「家族が公式声明を出すことはないということ、ラウダ氏の家族のプライバシーを守ることについて、ご理解をお願いしたい」
 ラウダは1976年のドイツGPで大クラッシュ。この事故でマシンは炎に包まれ、ラウダは熱い空気と有毒ガスを吸ってしまったため、肺の重度のダメージを負った。ラウダは病院に搬送され、入院を余儀なくされたが、わずか3週間で驚異的な復帰を果たした。ただこの時の障害により、人生の多くを悩まされてきた。