ウィーン時間   日本時間

スマートフォンでの写真の取り込み方法

iPhoneで開く場合=写真を長押しすると「画像を保存」
    が出てきますのでクリックしてください。 
Androidで開く場合=
    右上の:をクリックすると「他のアプリで開く」  
    が出てきますので開くと同じく長押しすると
    「画像を保存」が出てきます。 

良いお席は早く埋まりますのでお早いご来館がお薦めです。
もちろん入場無料です、お友達をお誘いしては如何ですか?

コンサートが終了いたしました、写真をクリックしてください

ウィーン・フィルの〈ニューイヤー・コンサート2019〉CD発売

毎年1月1日にオーストリア・ウィーンにあるムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90ヵ国以上に放送され、約5億人が視聴するというウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の〈ニューイヤー・コンサート〉。2019年はドレスデン・シュターツカペレ首席指揮者とザルツブルク復活祭音楽総監督を兼任し、名実ともにドイツ音楽の世界的巨匠と目されるクリスティアン・ティーレマンが、その指揮台に初登場しました。その公演を収めたCD『ニューイヤー・コンサート2019』(SICC-2155~6 2,900円 + 税)が1月23日(水)に発売されます。
ティーレマンは2000年にR.シュトラウスの「ばらの騎士」組曲と「アルプス交響曲」を指揮してデビューして以来、ウィーン・フィルの常連指揮者に名を連ね、2008年から2010年にかけてはベートーヴェンの交響曲全曲演奏を行ない、映像と音声で収録・ソフト化するなど、ウィーン・フィルにとって重要な役割を担ってきました。ティーレマンは毎年、ドレスデン・シュターツカペレのジルヴェスター・コンサートでオペレッタを中心とする作品を指揮してきましたが、ワルツやポルカで構成したシュトラウス・ファミリーだけのプログラムは今回が初めてです。
曲目は、定番の「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲」などに加え、日本とオーストリアの国交樹立150周年(「トランスアクツィオネン」)、ウィーン国立歌劇場建立150周年(「オペラ座の夜会」)など、2019年のさまざまなアニヴァーサリーなどのテーマを織り込んだ多彩な作品で構成。ウィーン・フィルの〈ニューイヤー・コンサート〉初登場作品は5曲です。


ウイーンに集まった世界中のビールをお試し!Muttermilch(ムッターミルヒ)

ウイーンといえばOttakringer(オタクリンガー)という地元のビールがどのレストランやスーパーにも置いてあり、ウイーン料理にもぴったり合いますが、実は今世界中で出てきているマイクロブリュワリーもいくつかあります。そのひとつがナッシュマルクトからすぐのGumpendorfer通りにある、その名もMuttermilch(ムッターミルヒ「お母さんのミルク」)!
ここは実はオープンしてまだ1年ちょっとという、本当に新しいブリュワリーです。なので、Muttermilch自体のビールはまだまだ量が少ないのですが、ここの見所は自家製ビールだけでなく、世界中のレアなビールもたくさん置いているところです!
IPA(インディアン・ペール・エール)やAPA(アメリカン・ペール・エール)などの種類ごとに、本当に世界中からビールが集められていて、見るだけでも楽しいお店です!特に私の好きなアイスランドのEinstokが何種類も置いてあるのを見たときにはかなり興奮しました!クリスマスシーズンにはオーストリアっぽいクリスマスビールも何種類もあるので、毎日少しずつ試し飲みしてもいいですね!ビールが好きならこのMuttermilchはかなりおススメですよ!

大荒れの新年スタート ヨーロッパは雪崩と暴風雪

今年はすでに北海道や日本海側の地域を中心にたびたび暴風雪が発生していますが、ヨーロッパの2019年も大雪のスタートとなっています。豪雪の影響で雪崩や交通事故が発生し、複数の死者が出ているもようです。
大荒れの欧州
週末から7日(月)にかけてオーストリアやドイツなどアルプス地方で1メートル近い大雪が降り、道路閉鎖、大規模停電、空の便が相次いでキャンセルになるなど混乱が生じています。一部では非常事態宣言も出されたほどでした。
雪崩や倒木などの影響で、スキーヤーや登山家を含む8人が死亡したと伝えられています。事故が起きた当時は雪崩への警戒が呼びかけられていました。
オーストリアでは依然2人が行方不明で、孤立した数千人のスキー客が救助を待っているもようです。

ニキ・ラウダが重いインフルエンザで再入院

現役時代に3度F1王者となった伝説的元F1ドライバーでもあるラウダだが、2018年8月に肺の移植手術を受けた後、昨年末にイビサ島にある自宅に戻ったことが明らかとなっていた。
だが、ラウダの母国オーストリアの『Kronen Zeitung』紙が報じたところによれば、ラウダはインフルエンザを患ってしまい、再び移植手術を受けたウイーンの病院へ再入院したという。その記事には関係者のコメントが引用されているが、それによれば大規模な手術を受けたラウダの免疫システムが弱ってしまっていたことがインフルエンザの症状をかなり重くしてしまっているようだ。ラウダが入院したAKH病院の広報担当者は次のように語っている。「彼の家族にインフルエンザにかかった者がいた。そして彼は我々の集中治療ユニットで治療を受けている」
だが、オーストリアの『Osterreich』紙によれば、ラウダは「3日か4日」で退院できるはずだとしている。「ラウダがウイーンへ戻らなくてはならなかったのは、イビサ島には肺の移植に詳しい専門家がいなかったためだ」
そう報じた『Osterreich』は次のように付け加えている。
「新年早々の状況はかなり深刻なものだった。だが、ラウダはすでにかなり回復している」

オーストリアの郵便会社、個人情報を政党に販売 批判集まる

オーストリアの郵便事業会社で、国が50%以上出資するオーストリアポストが、政治的な志向を含む顧客の個人情報を収集して販売していたことが明らかになり、同社には8日、批判が浴びせられた。個人情報保護団体は、フェイスブックがユーザー情報を共有したスキャンダルと同様のものだと指摘している。
調査報道サイト「アデンドゥム」によると、オーストリアポストは顧客約300万人の氏名や住所、年齢、性別といった情報を、ターゲットマーケティングに利用する他企業に販売していたという。
さらに同サイトは、最大で220万人分に上るユーザーのおおまかな政治的な志向をまとめた情報も含まれると推測。選挙運動において潜在的な支持者をより効果的に狙い定められるよう、複数の政党に販売されたとしている。
個人のプライバシー保護を訴える団体「エピセンターワークスは、欧州連合のデータ保護規則に違反すると訴えている。
これに対しオーストリアポスト側は、国内法の下ではそのような情報の活用は合法と認められており、自社の行為に問題はないと主張している。


大みそかに花火が爆発、17歳の少年死亡 オーストリア 

オーストリア北部オーバーエスタライヒ州エバーシュバングで昨年12月31日、打ち上げようとしていた強力な花火が爆発し、17歳の少年が死亡した。警察が1月1日発表した。
少年は、パーティーの最中に導火線に火を付けようとしたが、うまくいかずに花火が爆発。頭部に致命傷を負ったという。
警察によると、爆発した花火は合法的に入手されたものでない可能性があり、出どころなどを突き止めるべく捜査を進めている。
当局によると、オーストリアでは年末年始に花火関連の事故で12人前後がけがをした。 


さかもと ふさ 型絵染版画展
季( とき)の響き

2018/11/26(月)~12/9(日)11:00~19:00

初日13:00開始、最終日17:00終了伝統的な着物の技法を用いて和紙に染め出した独特のあたたかみのある型絵染版画をご堪能ください

会場:江夏画廊

住所:〒106-0041東京都港区麻布台3-1-5日ノ樹ビル302
Tel./Fax. : 03-6426-5139
ビルの1階にメゾン・ランドゥメンヌというパン屋がありますエントランスを入り、エレベーター横のインターフォンで302をお呼出しください
www.enartsu.co.jp
www.facebook.com/GalleryEnatsu

さかもと ふさ ギャラリートーク&今日の一枚

「型絵染とジャポニズム」お申込み画廊まで(12/1締切) 心よりお待ち申し上げております  12/2(日)14:00~16:00

また、来年の日本オーストリア友好150周年に合わせウィーンで展覧会を開催します。
*Gallerie bei der Oper は [さかもと ふさ 型絵染アート展]
2019年9月5日~22日/9月5日18:00~ 
会場はオペラ座のそば。そのあともウィーンでの展覧会開催予定です。


教会に浮かぶ巨大な球体、オーストリア・ウィーンで展示

オーストリア・ウィーンのカールス教会で、アルゼンチンの芸術家トマス・サラセノ氏の作品「Aerocene」が展示されている。
同教会のコンテンポラリーアート企画「Karlskirche Contemporary Arts」の一環で、バロック様式の教会のドーム型天井に、2つの巨大なボールのような作品が宙に浮いている。来年末まで展示予定。

二度の大戦と冷戦を見守った、国境近くのローカル線「グライヒェンベルグ鉄道」

オーストリアの首都ウィーンから、シュタイヤーマルク州の州都グラーツまで、オーストリア国鉄で南へ2時間半。このグラーツからさらに各駅停車で1時間南下したところに、フェルトバッハという町があります。グライヒェンベルク鉄道はここを出発し、さらに南のバート・グライヒェンベルクという温泉町へ向かうローカル線です。
ローカル線とはいっても、観光用なだけではなく、この地方の住民の貴重な足となっているため、平日週末にかかわらず、通年一日4本運行しています。距離は21キロメートルで、所要時間は約30分。チケットは車内で購入できます。
観光客と、仕事や学校帰りの地元の人たちが入り混じった客層は、不思議とアットホーム。小さな無人駅で、現地のお客さんが運転手と軽くおしゃべりしながら乗降するのを見るのも、ローカル線の楽しみの一つです。
●二度の大戦を見守った、国境の路線
ハプスブルク時代に既に鉄道敷設の計画があったこの地域は、東のハンガリーと南のスロヴェニアの国境からほど近く、二度の世界大戦を見守ってきました。
第一次世界大戦中は、出発駅のフェルトバッハからほど近いところに捕虜収容所があり、のちに傷病兵のための病院として使われました。
この路線の正式な運行は1931年からですが、第二次世界大戦中は、オーストリアと、のちの共産国スロヴェニアとハンガリーの国境近くという立地から、この全路線の区域が戦場となり、運行はストップしました。
戦後徐々に路線は復興し、1948年には再開通しますが、冷戦時代は「鉄のカーテン」のすぐそばということで、オーストリアの中では見捨てられた僻地でした。ハンガリーやスロヴェニアのシェンゲン地域への加入により、国境が自由に行き来できるようになり、つい最近になってオーストリアだけでなく、隣国の旅行客が訪れ、活気が出てきました。
このように、国境近くという立地から、二度の戦争と冷戦の影響を強く受けたこの地域は、今ではさまざまな国から観光客を受け入れ、観光産業に力を入れています。また、冷戦時代に見捨てられていた森林では、美しい自然の車窓風景やハイキングを楽しむことできます。
まさに、冷戦終結とEU内の移動の自由により、息を吹き返した地域といえるでしょう。
●レトロな電車で田園風景を行く
フェルトバッハ駅で乗車する電車は、1931年から現役のE1です。1980年に改修、改装され、レトロな水色車体に今でも乗客を乗せて走っています。また、ここではもう一台、E2と呼ばれる赤と緑と白のカラフルな車体の電車も走っています。
この路線は直流電化標準軌線ですが、この地域独特の、連続する丘の尾根を上がったり下がったりしながら走るのが特徴的です。車体が古いこともあり、車内でもかなりの上下動を感じることができます。
●近隣の見どころ
フェルトバッハ駅の北には、その勇壮な姿と魔女伝説で知られるリーガースブルク城がそびえています。
また、手作りチョコレートで有名なツォッターのチョコレート工場は、何百種類のチョコレートを味見することができ、この地域の観光産業を支えています。
さらにこの辺りは、特産のシルヒャーと呼ばれるロゼワインが有名で、ワイン居酒屋「ブッシェンシャンク」では、気軽にワインと軽食を楽しむこともできます。