HOME

第7回マールツァイトの会

~ブルガリア料理~
ブルガリア大使館公認レストラン“ソフィア”

 

日時:2017年4月20日(木)18:30~(受付18時より)

会費:会員 5,500円・一般 6,000円

*会員とは日墺文化協会、日本オーストリア食文化協会の会員です。当日会員になられた方は会員価格となります。

*お申込の際、会員の方は所属されている会の名前もお知らせください。

会場:ブルガリアンダイニング ソフィア

住所:〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-12プレリー八重洲ビル2F
TEL. 03-5200-0141

交通:JR各線 東京駅 徒歩6

東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩2

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩6

都営浅草線 宝町駅 徒歩6

 

「高山厚子先生のウィーンのお菓子教室」
2017年4月14日(金)10:30~ 講師宅
 
イースターのお菓子~ウサギのチョコレートとマジパン細工~
 
今回は、テンパリング(温度調節)をしたチョコレートをウサギなどの型に流すチョコレート細工と、小さなカップケーキの上にマジパン細工のひよこを飾り、来たる17日のイースターの準備をご紹介したいと思います。
是非ご参加下さい。
レッスンの後は ひと足早いイースターのティータイムもありますのでお楽しみに。
 
参加費:会員4,800円 一般5,000円
 
お申込みは事務局までお願いいたします。
j-austria@mx2.ttcn.ne.jp

音楽関係

タイトルをクリックしてください、詳しい情報へリンクしています

国際アマチュアピアノコンクール2017
開催日程

A・B部門 
第1次予選 
東日本会場 2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)
 
第2次予選
 2017年7月15日(土) 杉並公会堂 小ホール 
 
本選
 2017年7月29(土) 紀尾井ホール
 
シニア部門
本選 
東日本会場2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)




アマコン2017募集要項_中面.pdf.................  アマコン2017募集要項_表面.pdf

「日墺文化協会合唱の午後2017[企画・構成]岸信介」

 2017年4月8日(土)/紀尾井ホール 13:00開演(12:30開場)
【全自由席】一般:3,000円 学生:1,000円

 
出演:       かながわフリーダム・シンガーズ 
     Ensemble Evergreen
     湘南はまゆう
     クール オルタンシア
     日墺文化協会合唱団
     男声合唱団秀声会
     混声合唱団鈴優会
     【招待演奏】豊島岡女子学園中学校・高等学校
     【特別出演】佐々木 典子(ソプラノ)
     【特別出演】東京カンマーコレーゲン 

詳しくはこちらをクリック
合唱の午後2017表.pdf
合唱の午後2017裏.pdf

「おじいちゃんじゃない!」遺体取り違え、火葬直前に発覚 オーストリア

亡くなった家族に火葬前の最後のお別れをしようとひつぎの中を見ると、そこには見知らぬ人が──オーストリア南部の町でこんな騒動があった。葬儀業者が遺体を取り違えたことが原因だという。
南部バイツの葬儀業者は21日、90歳の男性の遺体を3日前に誤って別人の墓に埋葬したと認めた。
代わりにひつぎに入っていたのは86歳の別の男性の遺体で、この男性の遺族はその数日前に最後のお別れをしたつもりでいた。

ザルツカンマーグート地方『夏の氷穴コンサート』

=2017年8月毎週金曜日(8/4・11・18・25) =
巨大氷穴のパルジィファルドームでは、夏の夜に「氷の響き」と題したコンサートシリーズが行われ、世にも不思議な音響体験ができます。澄み切った雰囲気と、最も数奇な形状の氷の世界で、様々なスタイルのサウンドを聴くことができます。演奏するのは国際的に活躍する音楽家で、世界的に有名なオーケストラのメンバーもいます。独特なコンサートホールで華麗なサウンドを聴いていると鳥肌が立ってくるのはひんやりする温度のせいだけではありません。



子ども殺害のナチス病院、戦後にも虐待 

ナチス・ドイツが障害のある子どもを大勢殺害したことで悪名高いオーストリア首都ウィーンの医療施設で働いていたスタッフのほぼ全員が、戦後もそこで働き続け、患者たちを虐待していたとの報告書が公表された。



シューベルトの作曲エピソード

オーストリア出身の作曲家フランツ・ペーター・シューベルト「軍隊行進曲」のような活発で明るい作風で有名ですが、よく耳にする「アヴェマリア」「セレナーデ」のほかミサ曲など、ソフトな名曲も多く残しています。彼の作曲について面白いエピソードがあります。
ある時、楽曲を完成する段階に何か物足りないと感じた彼は、悩みました。
彼は突然の友人の訪問に少し不機嫌になりましたが、「コーヒーを飲んでからまた作曲しよう」と気持ちを切り替え、ひと休みすることにしました。
「これだ!曲調が決まったぞ!」彼はすぐに机に向かい、未完成の楽曲を一気に書き終えました。これが後に、彼の名曲である弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」ニ短調のメインテーマになったと言われています。


歴史的建造物と街のスマート化を調和

歴史と芸術の街として知られるオーストリア・ウイーンを、環境負荷が少なくサステナブルなスマートシティに変えようというプロジェクトがスタートしている。
事の起こりはオーストリアのEU(欧州連合)加盟に遡る。1995年のことだ。これ以降オーストリアは、欧州各国とのインフラ共通化を図るようになった。まず1997年に、オーストリアの交通網や電力系統網などのインフラを共通化することを目的に、政府系コンサルタント機関のTINA Viennaを設立した。同機関は、「政権が交代しても政治に左右されずに確固たる計画を策定、実施するために設立された」と担当者は語る。

「モーツァルトチロル」新発売 

見た目もかわいらしいし、いろんなお味があって楽しいチロルチョコ。おせんべい「雪の宿」とコラボしたり、ドリンクになったりと、新商品にも注目したいチョコ菓子です。
2月6日に新発売された「モーツァルトチロル」は、オーストリアのお菓子・モーツァルトクーゲルを再現したチロルチョコだそうです。