HOME

第7回マールツァイトの会

~ブルガリア料理~
ブルガリア大使館公認レストラン“ソフィア”

 

日時:2017年4月20日(木)18:30~(受付18時より)

会費:会員 5,500円・一般 6,000円

*会員とは日墺文化協会、日本オーストリア食文化協会の会員です。当日会員になられた方は会員価格となります。

*お申込の際、会員の方は所属されている会の名前もお知らせください。

会場:ブルガリアンダイニング ソフィア

住所:〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-12プレリー八重洲ビル2F
TEL. 03-5200-0141

交通:JR各線 東京駅 徒歩6

東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩2

東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 徒歩6

都営浅草線 宝町駅 徒歩6

 

 終了いたしました

当日の日墺文化協会メンバーが参加した写真を一部掲載。

こちらをクリック

日本オーストリア食文化協会・第35回講習会のお知らせ
オーストリア大使館文化部ホールにて開催
関田淳子先生が語る「ハプスブルク家、栄華の謎にせまる」

日本オーストリア食文化協会の顧問であり、ハプスブルク家の歴史研究家として知られる関田淳子先生が講師をつとめる今回の講習会では、何世紀にもわたって続いた名門貴族の栄華の謎を解明。ウィーンを代表する料理やお菓子にまつわるエピソードもご紹介します。また今回はオーストリア大使館・文化部さまのご厚意で、大使館併設のホールで開催。ウィーン伝統菓子も味わいながら、知識と味覚でハプスブルク家をご堪能ください。

日時| 2017529日(月) 13:30-15:00 30分前より開場いたします)
会場|    オーストリア文化フォーラム ホール
                 〒106-0046 東京都港区元麻布1-1-20 在日オーストリア大使館内

参加費|       会員・・・3,500円  非会員・・5,000
(焼菓子とコーヒーをご用意しています)
(日墺文化協会の会員はその旨お伝えください、会員価格3,500円となります)
申込み|      FAXまたはmailにて、520日(土)までにお申込みください。
会費は振込みになります。振込み確認次第登録となります。

会場は、オーストリア大使館併設のホールの都合上30名様までとさせて頂きます。
詳しくはこちらをクリック

【食のメールマガジン】

 食の雑学はいかがですか? 無料メールマガジンがあります

オーストリアの食も美味しいですが、世界中にはたくさんの美味しいものがあります。
みなさんがご存知の料理の由来などを知りたくありませんか?
また、食にまつわるルールやちょっとした知識、雑学などを掲載しています。
 一度登録すると毎週お手元に届きますので、食の知識を増やして見てはいかがですか。
メールマガジンの名前は【ウイーンの街・食文化・徒然なるままに・・・・】です。
ウィーンと謳っていますが、ウィーンの料理も各国から来たものが多いです。
ウィーンばかりでなく、各国の食の知識をおしらせします。
1日号では「ウィーンやオーストリア」のことに関した情報が詰まっています。
8日号は別紙(別登録)になりますが食の雑学をコミカルに。
15日号は「食に関したなんでも雑学」
22日号は「料理や菓子に関したなんでも雑学」
29日号では「食に関わった人物辞典」

もし興味がありましたら、ご登録ください。もちろん無料です、解除も簡単です。

 こちらからどうぞ。

音楽関係

タイトルをクリックしてください、詳しい情報へリンクしています

国際アマチュアピアノコンクール2017
開催日程

A・B部門 
第1次予選 
東日本会場 2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)
 
第2次予選
 2017年7月15日(土) 杉並公会堂 小ホール 
 
本選
 2017年7月29(土) 紀尾井ホール
 
シニア部門
本選 
東日本会場2017年7月1日(土)、2日(日) 杉並公会堂小ホール(東京)
西日本会場 2017年7月8日(土) アマデウスサロン(京都)




アマコン2017募集要項_中面.pdf.................  アマコン2017募集要項_表面.pdf

ウィーン、市庁舎前広場で『音楽映画フェスティバル』開催!

ウィーンの市庁舎前広場は、文化と味覚を同時に夏の夜に味わう人々の活気あるメッカとなります。美味しい食事とクラシックからポップスまでの音楽映画が、完璧な夏の夜を保証します(入場無料)。
市庁舎前広場の音楽映画フェスティバルは、最も魅力的なウィーンの夏のイベントの一つです。国際的にもトップレベルの飲食店による味覚をお試しの後は、巨大なオープンエアのスクリーンで、オペラやバレエ、ジャズ、クラシック音楽の音楽映画をお楽しみください。
上映開始: 毎日、日没より
国際的な飲食店: 11〜24時

情報提供:ウィーン市観光局

歴史ある大観覧車でウィーンの夜景を望む

ウィーン中心部から見て東側、ドナウ川沿いに広がる広大な敷地。緑の多いその場所は「Prater(プラーター)」と呼ばれ、元々はハプスブルク家の狩猟場だった。
そこを1766年に皇帝ヨーゼフ2世が一般に開放し、今に至るまで市民の憩いの場となっている。そして1873年には、日本も参加した万国博覧会の会場にもなった。 
1897年、フランツ・ヨーゼフ1世の即位50周年祝賀祭にあわせ、イギリス人技師のウォルター・バセットによってこのプラーターに巨大な観覧車が建造された。
それが地上60メートルを超える「Wiener Riesenrad(ウィーン大観覧車)」である。
1945年には空襲によって全てが破壊されたものの、ウィーン復興のシンボルとして復旧が進められ、1947年には運行が再開されたのだという。
そんなプラーターと大観覧車の歴史に関しては、チケットを購入してから入る歴史パノラマで知る事が可能だ。
1944年の火災後に外されたゴンドラを利用し、その内側にミニチュアを使って解説がなされている。なかなか面白い趣向だ。

手作りケーキが並ぶ、ウィーンの老舗カフェGerstnerv

ウィーンには驚くほどたくさんのカフェが立ち並ぶ。その中にはオーストリア帝国時代から続く老舗もあり、日本人好みのゆったりした時間が味わえる。
ウィーン観光やショッピングの中心となる、シュテファン大聖堂付近。そこに店舗を構える「Gerstner(ゲルシュトナー)」も、1847年創業の老舗カフェの代表格だ。
店名には「k.u.k. Hofzuckerbäcker」という言葉が併記されている。
「k.u.k.」とは「kaiserlich und königlich(皇室及び王国)」の略であり、「オーストリア・ハンガリー帝国」において皇帝が国王を兼ねていたことを表している。

チロル地方の名物料理「チロラーグルストゥル」

 「チロラーグルストゥル」とじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。「グルストゥル」とは「ごちゃ混ぜ」の意味。そして冷蔵庫にも料理材料の余りが・・・・・。他の料理であまったお肉をじゃがいもと一緒に炒め合わせた、まかないみたいな料理が「チロラーグルストゥル」です。

一週間分の残り食材を月曜日に片付ける、というこのチロル地域の習慣をあなたも作ってみてはいかがですか?


オーストリア「ホテルザッハ」のカフェで供される紅茶が飲める!東京都港区六本木「デンメアティーハウス六本木店」

2008年、東京の六本木にアジア1号店としてオープンした紅茶専門店「デンメアティーハウス」。
デンメアティーハウスは、ヨーロッパで人気の紅茶専門店、デンメア社日本総代理店です。
デンメアは、1981年創業者アンドリュー・デンメアにより、オーストリア・ウィーンの中心部に創設されたお茶のブランド。
ウィーンは、ウィンナー・コーヒーに代表されるコーヒーの街で有名ですが、デンメアの創設によりウィーンの紅茶通が集うほど人気のブランドになりました。
現在では直営店とフランチャイズ店を合わせてウィーン市内に7店舗、ポーランド、ハンガリーなどのヨーロッパ各国に28店舗を展開。
日本ではアジア1号店となった東京都港区六本木の「デンメアティーハウス六本木店」と、千葉県柏市の「デンメアティーハウス柏店」に店舗があります。


マリー・アントワネットがテーマ!

横浜ベイシェラトンで華やかなスイーツブッフェが開催

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズで、「マリーアントワネット」をテーマにした2つのイベントが開催。
2017年6月1日(木)~30日(金)までは、ナイトタイムのスイーツブッフェ「Sweets Parade」~マリーアントワネット~が、
2017年5月1日(月)~6月30日(金)までは、「アフタヌーンティーセット」~マリーアントワネット~が、期間限定で登場します。華やかで美しいスイーツの数々に目を奪われること間違いなし。ラグジュアリーなホテルで優雅なひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート』

= 2017年5月25日 =
シェーンブルン庭園でウィーン・フィルが演奏するサマーナイト・コンサートは、ウィーンにおけるコンサート・シーズンのハイライトです。バロック宮殿の南に広がる優雅なシェーンブルン庭園を舞台に、旅行者とウィーン市民のため、ウィーン・フィルが特別の音楽イベントを贈ります。無料のオープンエア・コンサートには、世界最高の指揮者が出演します。2017年度タクトを振るのは、ドイツ出身の指揮者・ピアニスト、クリストフ・エッシェンバッハです。アメリカ出身のオペラディーヴァ、ルネ・フレミングが舞台に華やかな彩りを添えます。


画像内の矢印をクリックすると写真が360度回転します

世界の暮らしやすい都市ランキング 

ウィーンが8年連続トップ 東京は47位

米コンサルティング会社マーサーは14日、「2017年世界生活環境調査」で、世界の暮らしやすい都市ランキングを発表した。1位は8年連続でオーストリアのウィーンで、東京は昨年から3つ順位を下げて47位だった。
同ランキングは海外駐在員の現地での暮らしやすさを評価したもので、駐在員の報酬を決めるために使われる指標。1位のウィーンに続き、2位以下は、チューリッヒ(スイス)、オークランド(ニュージーランド)、ミュンヘン(ドイツ)、バンクーバー(カナダ)が続いた。トップ10は、スイスのバーゼルが新しく10位に入ったほかは昨年と変わらなかった。


「おじいちゃんじゃない!」遺体取り違え、火葬直前に発覚 オーストリア

亡くなった家族に火葬前の最後のお別れをしようとひつぎの中を見ると、そこには見知らぬ人が──オーストリア南部の町でこんな騒動があった。葬儀業者が遺体を取り違えたことが原因だという。
南部バイツの葬儀業者は21日、90歳の男性の遺体を3日前に誤って別人の墓に埋葬したと認めた。
代わりにひつぎに入っていたのは86歳の別の男性の遺体で、この男性の遺族はその数日前に最後のお別れをしたつもりでいた。

ザルツカンマーグート地方『夏の氷穴コンサート』

=2017年8月毎週金曜日(8/4・11・18・25) =
巨大氷穴のパルジィファルドームでは、夏の夜に「氷の響き」と題したコンサートシリーズが行われ、世にも不思議な音響体験ができます。澄み切った雰囲気と、最も数奇な形状の氷の世界で、様々なスタイルのサウンドを聴くことができます。演奏するのは国際的に活躍する音楽家で、世界的に有名なオーケストラのメンバーもいます。独特なコンサートホールで華麗なサウンドを聴いていると鳥肌が立ってくるのはひんやりする温度のせいだけではありません。