HOME > ウィーンの街 > Wiener Nachrichten4

Nachrichten über Österreich

オーストリアニュース

ゴミで栽培される「キノコ」

大量消費がつづくウィーン
コンサルティング企業Mercerによる生活環境の良い都市を評価するランキングで、9年連続1位を獲得しているウィーン。それでも「Hut&Stiel」によれば、毎日約44トンものコーヒーかすが捨てられているという。ウィーンは生活環境だけでなく、コーヒーカルチャーも世界に誇れる。だけど、コーヒー豆の大量消費が続けば、ネガティブなイメージがまとわりついてしまうかもしれない。自国の文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイデアを思いついた。

「コーヒーかす」で作られるキノコ
コーヒーを淹れるためにコーヒー豆は1%しか使われていない、というのはどこかで聞いたことがあるかもしれない。FlorianさんとManuelさんは、残りの99%をカフェやレストラン、ホテルから回収して、それを利用したキノコの培養方法を開発。そして、栽培した食料を提供しているお店に送り届けるという仕組みをつくった。すでに多くのレストランも協力していて、「Hut&Stiel」のキノコを使ったレシピもホームページに載せられている。
 ちなみに、「Hut&Stiel」が配達をするときには自転車が使われる。細かなところだが環境に対するこだわりを感じる。
多くの人にとって大量消費をすぐに止めるのは難しい。たくさんの“ゴミ”を利用して、人々の注目を集めて環境に気を使ってもらう方法をFlorianさんとManuelさんは実践しているのかもしれない。今となってはコーヒーかすもキノコ栽培に欠かせない“材料”だ。

「金のキャベツ」の葉が盗まれる

オーストリアの首都ウイーンで23日、同市で最も著名な建築物の一つであるセセッシオンのドーム、通称「金のキャベツ」を構成する金箔かぶせた月桂樹の葉のうち6~8枚が、何者かに盗まれた。警察当局が25日、明らかにした。
「金のキャベツ」は遠くからも見ることができるウィーンでは有名なランドマーク。金の葉は鋼鉄に金箔をかぶせたもので、長さ約60センチ。1枚の価値は約1000ユーロ(約13万3000円)だという。
 1898年に建設されたアールヌーボー様式のこの建物は現在、修復工事中で、警察の広報担当者によると、犯人は23日夜にその工事用の足場を利用してドームによじ登り、金の葉を盗んだという。
 建築家のヨーゼフ・マリア・オルブリッヒが手掛けたセセッシオンは、同国の芸術家協会「クンストラーハウス」を離れ、新たな団体「セセッシオン(ウィーン分離派)」を結成した画家のグスタフ・クリムトらの作品を収蔵、展示するために建てられた。
 工事は5月末までで、金の葉約2500枚と「ベリー」311個が修復される予定となっている。

列車同士が衝突、54人負傷 オーストリア

ザルツブルクの駅で20日、列車同士が衝突する事故があり、54人が負傷した。国営のオーストリア連邦鉄道が明らかにした。
この事故では、イタリア・ベネチアからの到着便の客車1両が、スイス・チューリヒからの到着便の客車1両に衝突。両列車は連結してウィーンに向かう予定だった。

「ウィーン・シティ・マラソン」が開催

2018年4月22日(日)、「ウィーン・シティ・マラソン」が開催されます。
当日はフルマラソンの他、ハーフマラソン及びリレーマラソンが予定されており、約4万人の参加者が見込まれております。
これを受け、市内では各レースのコース周辺を中心に08:00頃~15:00頃まで交通規制が敷かれ混雑が予想されます。


※「ウィーン・シティ・マラソン」公式サイト

オーストリアで桜が満開に ウィーンの市立公園

オーストリア首都ウィーンの市立公園で、桜の下で花見をする人々
オーストリアの首都ウィーンにある市立公園では、桜が見頃を迎えており、写真撮影や花見をして楽しむ人々の姿が見られた。


オーストリア首都ウィーンの市立公園で、桜の下で花見をする人々

ウィーン中央墓地第二門の角にカフェ・コンディトライ・オーバラーがオープン

2018年4月ヨーロッパで最大級の墓地の一つ、ウィーン中央墓地第二門の角にカフェ・コンディトライ・オーバラーがオープン。墓地が開いている時間に営業。楽聖達のお墓参りの際、お立ち寄りください。

オーストリアの休日



惹かれたのは、神道の懐の深さ。史上初の外国人神主はこうして生まれた

神社本庁が認める外国人初の神主、ウィルチコ・フローリアンさんは、14歳で初めて来日しました。わずか3週間ほどの滞在ながら、お土産に神棚を買って帰るほどすっかり神社や神道に魅了されてしまったというウィルチコさん。高校を卒業する頃には「神主になる」と強く思っていたそうで、現在は三重県の野邊野神社で禰宜(ねぎ)を務めています。
今では日本語も完璧で、神社の境内に掲げられたこの「定書き」もウィルチコさんがしたためたそうですよ。
日本文化の知恵は受け入れて進化させることそんなウィルチコさんが神道に強く惹かれた理由は、一言でいえばその寛容さにあるといいます。「宗教」という言葉の元になった英語の「religion」は、「メンバーシップ」という意味を内包すると解説し、日本にはそもそもその概念がないと語ります。
キリスト教徒であったらイスラム教徒にはなれないというように、宗教には必ず「どこに属しているか」というメンバーシップがあり、極端な例はルターの時代のドイツです。同じゴッドを信仰しているはずなのに、プロテスタントなのかカトリックなのかで、武装闘争になるほどでした。
神社には鳥居がありますね。入り口、ゲートのようなものだということは誰にでも分かりますが、閉めることができません。このことからも見て取れるように、神社はメンバーシップを一切問わないのです。日本の神様の懐の深さとも言えますね。
また、日本人の心の広さ、懐の深さを最も端的に示しているのは、仏教を受け入れたことだとウィルチコさんは言います。日本において千年以上続いた神仏習合の考え方は「どうしたらこの国のためになるのか」ということを常に考えて、取り入れたらアレンジし、深化させ進化させるという日本文化の特徴かつ知恵だとのこと。
他にも、神道が教えてくれる「人生で最も大事なもの」という問いに対するウィルチコさんの答えなど、興味深い内容満載のインタビューは、Mugendai(無限大)よりぜひ続きをお楽しみください。



ベストマッチなグラスとワインをワンストップで!おすすめワインも一緒に購入できる、ブドウ品種別グラス専門店 4月18日(水)「リーデル銀座店」オープン

同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わるという事実に着目し、ブドウ品種ごとに理想的な形状を開発し続けるリーデル。銀座初出店となるこの直営店は、グラスだけではなく、店内にある全てのグラスそれぞれに合うワインも取り添えていることが特徴で、ベストマッチのグラスとワインを一緒にご購入いただけます。また、グラスが変わるとワインの味わいが変わるという事実を実際にワインを飲みながらご体験いただく大人気プログラム「グラステイスティング・セミナー」(有料)に加え同じフードとワインでもグラスによって味わいが変わるという銀座店オリジナルの「フードペアリングメニュー」(有料)も実施いたします。
グラスとワインに精通した専門スタッフが、お客様のお好みにより最適なグラスを選び出すお手伝いをさせていたただくほか、40インチタッチパネルの「グラスセレクター」が、グラスに合うワイン、ワインに合うグラスを、双方向のアプローチでナビゲートいたします。初心者の方にも愛好家の方にも、ワインのある生活をより豊かに彩るワンランク上の楽しみ方をご提案いたします。
リーデル銀座店 東京都中央区銀座6丁目2-1 Daiwa銀座ビル1階 Tel:03-6264-6128
営業時間:【火〜金】12:00~21:00 【土・日・祝】11:00~20:00 (月曜定休)




シェーンブルン庭園で『ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート』

= 2018年5月31日 =
シェーンブルン庭園でウィーン・フィルが演奏するサマーナイト・コンサートは、ウィーンにおけるコンサート・シーズンのハイライトです。バロック宮殿の南に広がる優雅なシェーンブルン庭園を舞台に、旅行者とウィーン市民のため、ウィーン・フィルが特別の音楽イベントを贈ります。無料のオープンエア・コンサートには、世界最高の指揮者が出演します。2018年度タクトを振るのは、ロシア出身の指揮者・ヴァレリー・ゲルギエフです。
 シェーンブルン庭園でのウィーン・フィル・サマーナイト・コンサートは20時15分開演ですが、会場には18時から入れます。入場無料ですから予約はできません。庭園内のネプチューンの泉前にステージがあり、約1500の一般座席が用意されています。悪天候の場合には、別の日に公演されます。

情報提供:ウィーン市観光局  公式サイト


ウィーンから日帰りで行く世界遺産の街「グラーツ」への旅

人口25万、オーストリア第2の都市グラーツは、900年以上続く歴史のある世界遺産の街です。路面電車の走る美しい街には、オシャレなショップやレストランが軒を連ねており、美食の街には美味しいオーストリア料理が食べられる名店も盛り沢山!
そんなグラーツへは、首都ウィーンから日帰りで楽々アクセス可能!是非訪れてみて頂きたい、世界遺産の街をご紹介します!

ウィーンからOBBで日帰り楽々アクセス!

世界遺産の街グラーツへのアクセスは、首都ウィーンから特急列車「レイルジェット」で行くのが便利!オーストリア連邦鉄道(OBB)のレイルジェットは、ウィーン中央駅を中心にオーストリア各都市へと繋がっており、グラーツまではおよそ2時間30分、ウィーンから日帰りで訪れるにも最適です!
レイルジェットの運賃は日本の新幹線などと比べると驚くほど安く、手軽に列車の旅が楽しめるのも魅力の一つ!チケットは、オーストリア連邦鉄道のホームページから予約・購入が可能です。

コンパクトにまとまった美しい街並み

オーストリア・グラーツは、「グラーツ市歴史地区」として1999年にユネスコの世界文化遺産に登録。1945年の空襲によって多少の被害は受けたものの、街の8割以上がそのままの形で残っており、“中欧の最も良好な状態で維持された街”と評価され、世界遺産登録に至りました。
13世紀から続く歴史あるグラーツの街には、その歴史を今に伝える魅力的なスポットがいっぱい!旧市街の中央広場にある市庁舎を筆頭に、美しい教会や宮殿の他、博物館やコンサートホール等が数キロ四方の狭い範囲に集まっているので、とても観光のし易い街です。
建築様式の異なる様々な建物が残されているので、バラエティ豊かな建物を見て周るだけでも楽しいもの!旧市街広場から延びる目抜き通り「ヘレン通り」を中心に、雑貨や小物など様々なセレクトショップが軒を連ねており、路地を歩けば素敵なショップが見つかる事でしょう!
街には路面電車が張り巡らされているので、少し距離のある所でもアクセスは楽チン!一日乗車券を買って、美しい街を端から端まで巡ってみましょう!

世界の生活環境ランキング2018、今年もトップはウィーン、衛生部門では神戸が8位に

米コンサルティング会社マーサーは、「2018年世界生活環境調査-都市ランキング」を発表した。それによると、生活環境の最も高い都市は9年連続でウィーン。日本の主要都市では、東京と神戸が50位、横浜が55位、大阪59位、名古屋64位という結果になった。トップ10のうち8都市がヨーロッパ。アジア太平洋で最高位となったのはシンガポールで全体の25位だった。

生活環境ランキングトップ10都市は以下の通り。
1. ウィーン (オーストリア)
2. チューリッヒ (スイス)
3. オークランド (ニュージーランド)
4. ミュンヘン (ドイツ)
5. バンクーバー (カナダ)
6. デュッセルドルフ (ドイツ)
7. フランクフルト (ドイツ)
8. ジュネーブ (スイス)
9. コペンハーゲン (デンマーク)
10. バーゼル (スイス)
10. シドニー (オーストラリア)

マーサーではグローバルで実施する世界生活環境調査の最新の結果に基づき毎年作成。今回のデータは主に2017年9月から11月にかけて収集したもので、特に重要な政治、経済、 環境開発等の状況の変化に対応して定期的に更新されている。
マーサーによると、ヨーロッパではイギリスのEU離脱による不確実性の高まりによって経済が不安定となり、一部の国では政情不安が続いているものの、引き続き多くの都市が高い生活環境を維持し、海外駐在員にとって魅力ある赴任地となっている。
また、今回の調査では、廃棄物処理、排水・下水施設、感染症の発生水準、大気汚染、水道の整備状況や水質などを各都市において評価した、「都市の衛生ランキング」も発表。首位はホノルルで、神戸が同率8位に入った。

衛生ランキングトップ10都市は以下の通り。
1. ホノルル (アメリカ)
2. ヘルシンキ (フィンランド)
3. オタワ (カナダ)
4. ミネアポリス (アメリカ)
5. オークランド(ニュージーランド)
6. ウェリントン(ニュージーランド)
7. アデレード(オーストラリア)
8. カルガリー (カナダ)
8. コペンハーゲン (デンマーク)
8. 神戸
8. オスロ (ノルウェー)
8. ストックホルム (スウェーデン)
8. チューリッヒ(スイス)